アイ

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


あいというコトバに弱いとつくづく思う今日この頃。。。

飯○愛加○亜依加○あい
ちなみに初恋の女の子の名前もでした。
こんにちは。ぴぷです^^ノ


(;゚д゚)<なんちゅう前フリじゃぁ!


同じ”アイ”でも、今一番のお気に入りの”アイ”が大塚愛さんです♪


先日、ついに発売されました。ライブDVD!!





(写真 DVDパッケージ)



色んな人に買ってもらいたいから、いっぱい写真アピりましょうかw




(写真 DVDパッケージ×3)


載せすぎ!>(* ̄д ̄)=○*)д)゚゚


ツアータイトルは、その名も!



大塚愛 LOVE COOK Tour 2006!!!!



ラヴ クック ツアー



ってことで、”COOK”というコトバを英和辞書で調べてみる・・・。



_/_/_/ COOK とは? _/_/_/

vt.(火を通して)料理する; 〔話〕 手を入れる, いじる (〜 accounts 帳じりをごまかす).
vi. 料理される (The dinner is 〜ing.); 炊事する

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



フムフム。



直訳しちゃうと、「愛を料理する」ですね。(違ったらスミマセン・・・)


つまり、このツアーでは大塚愛さんが調理(表現)した色んな
楽しむことができるわけなんですね♪



全曲を見て、私の目を引いた曲を何曲かご紹介したいと思います。


1.甘い気持ちまるかじり

ぴぷ好みのポップな曲です。
詩の内容も、聴いていて赤面しちゃうような甘さがいいです。
春の恋季節を感じさせてくれるような、そんな一曲です。


2.プラネタリウム

今、ぴぷが一番ハマっているナンバーです。
「行きたいよ 君のところへ いますぐかけだして 行きたいよ」
この部分、ものすごくグッときます。
空一面の星を見ていると、会いたくなる、思い出すのはキミのこと。
そんなセンチメンタルな一曲です。


3.金魚花火・大好きだよ

本ツアーでは、大塚愛さんによるピアノソロ演奏。
オリジナルでも十分素晴らしいナンバーなんですが
ピアノの響きが妙に切なさを表現している。そんな一曲です。


4.東京ミッドナイト

この曲を聴いて、正直ぴぷは驚きました。
大塚愛さんは、スカもお聞きになるんですね。
持ち味の広さを感じました。
弾けるような激しさではなく、ついついリズムに合わせてノッてしまう。
そんな大人な夜を表現した一曲です。


5.羽ありたまご

おもしろいタイトルからは想像もできない、とてもシックな曲です。
「小さく小さく 風に負けても 信じきってみたい
 もしこのまま 落下しても 今はそれでもいい」

大人になると保身のせいか、危険な道からは避けて通ってしまいがちですが
赤ちゃん鳥が初めて飛び立つ瞬間のような勇気を私も持っていたい。
聴いている人にそんなメッセージを送っているような一曲です。




ここで紹介した曲以外でも、本ツアーに盛り込まれた大塚愛さんのレシピは
どれも最高でした。


最後の曲を歌いながら見せた涙。おいら、弱いわぁあれ(笑)


----------------------------------------------------------------------
大塚愛さんオフィシャルサイト    ここをクリック

注意)オフィシャルサイトではBGMが流れますので、スピーカのボリュームにご注意下さい。
----------------------------------------------------------------------

【2006/07/31】 MUSIC | TRACKBACK(-) | COMMENT(-)